小さな宿の検索サイト 宿さがし.com

ちょっと小宿まで。

2015-11-27

恋人と地球にやさしいオーベルジュ

ちょやど

熊本県

2015-11-27

アイキャッチ画像

南阿蘇の絶景を愛でて、おいしいフレンチに舌鼓!
旅の感動は、地球への感謝とともに。

恋人に捧げるフレンチ

阿蘇の森の奥、家族で営む小さなペンション、オーベルジュ 森のこびと。
ここで腕をふるうシェフは、娘のはつみさんだ。
熊本県出身のはつみさんは、飲食店をはじめさまざまな職種を経て2005年に脱サラし、森のこびとのオーナーシェフになったという。
料理に研鑽するかたわら、阿蘇の観光を盛り上げる活動をしたり、館内の床をリフォームしたりと、ガテン系もいけるアクティブなはつみさん。
「お客様は恋人です」と、ユニークな調理法と一廉の技を活かしたモダン・フレンチで、阿蘇が育む素材のおいしさを人々に伝えている。

地球にやさしい旅

森のこびとでは、〝自然との共生〟をコンセプトの一つに掲げている。
100%自然分解されるパーソナルケア・シャンプーや、やわらかく滑りにくいモロッコ製の履物「バブーシュ」、LEDのアロマキャンドルなどを取り入れているほか、厨房からの排水にも配慮しているという。
また限られた資源を有効に使おうと、ダイニングはもともと美術館だった建物をリノベーションしたもの。
コンクリートの打ちっぱなしに、開放的な高い天井、壁には絵画…かつての美術館が、今はアートのように美しい料理を楽しめる場所になった。
美食と美景を守りながら、人と地球にやさしい旅。
エコと癒しを両立させた、わがままな現代にふさわしい旅の姿である。